ギフトにおすすめのコーヒーミルの選び方

おいしいコーヒーを自宅で飲むために、必要な条件は何でしょうか。

おいしいコーヒー豆?コーヒーを淹れる道具?

もちろん、それらもとても大切です。

ですがもっとも重要なのは、淹れる直前にコーヒーミルで豆を挽くこと。

コーヒーミルの購入を検討しているあなたに、知っておくと役に立つ、種類から選び方、価格や大きさについてお伝えしていきたいと思います。


コーヒーミルとは?

コーヒーミルは、コーヒー豆を挽いて粉にする道具です。

自宅でおいしいコーヒーを飲むなら、ぜひとも揃えていただきたいコーヒーミル。

なぜならコーヒー豆は挽いたときに、香りも風味もピークを迎えるからです。

豆は粉になると、空気に触れる面積が多くなります。

そのため挽いた瞬間から、どんどん酸化が進んでいくのです。

もちろんコーヒーの魅力のひとつである、香りも抜けていってしまいます。

コーヒーミルには、家庭用のハンドルを回してゴリゴリするコンパクトなものから、筒型や据え置き型の電動タイプがあります。

コーヒーミルとコーヒーグラインダーの違い

コーヒーミルをネットで検索してみると、グラインダーと表示されている製品があります。

「コーヒーミルとグラインダーってなにが違うの?」と思われるのではないでしょうか。

グラインダーはミルと同じくコーヒー豆を挽いて粉にする器具で、明確に区別はされていません。

ただし一般的には、手でハンドルを回す手挽きのものや、電動でも家庭で使えるコンパクトなものはコーヒーミル、電動で大きなものをグラインダーと呼ぶことが多いです。

コーヒーミルとコーヒーメーカーの違い

コーヒーメーカーは電動で、手軽にコーヒーを淹れられる便利な器具です。

コーヒーの粉と水をセットして、スイッチを押せば数分後にはコーヒーが楽しめます。

一方、コーヒーミルは豆を挽いて粉にするための道具です。

コーヒーを飲むには、ミル以外にもコーヒーメーカーやドリッパー、サーバーなどの器具を用意しなくてはなりません。

コーヒーミルを使うメリット

コーヒーミルを使う事によって、いくつかメリットがあります。

挽きたての香りと味が飲むたびに楽しめる

挽きたてのコーヒーの魅力は、説明するまでもないかもしれません。

心を穏やかにしてくれる香りと風味は、挽きたてでしか味わえないものがあります。

コーヒー豆が長持ちする

コーヒー豆は粉になると空気に触れる面積が多くなり、酸化するスピードがどうしても速くなってしまいます。

ですから粉だと10日を過ぎると、風味は損なわれてしまうのです。

けれどミルがあると豆のままで保存できるので、1ヶ月はコーヒーの風味を保つことができます。

コーヒーミルの種類

コーヒーミルは、大きく分けて手動タイプと電動タイプの2種類あります。それぞれの特徴と詳細をご紹介します。

手動タイプのコーヒーミル

手動のコーヒーミルは、コニカルカッター(臼歯式円すい状)という円すい状の2枚の歯で豆をすりつぶします。

粉の大きさはネジで調整。

手動ミルは挽くのにどうしても時間がかかります。

なかにはかなり力がいるタイプもあるので、購入の際には要チェックです。

手動のミルには、アンティーク調でクラシカルなものが多いのも魅力のひとつ。

ビンテージミルなどもあるので、デザインにこだわりのある方はコレクションしたくなるかも。

ハンドルを回すと、ごりごりという音と一緒にコーヒーの香りが部屋いっぱいに漂いよって、豊かな気分になれますよ。

電動タイプのコーヒーミル

電動タイプのコーヒーミルは、更に4種類に分類することができます。

ロールグラインダー

表面がギザギザになったペアのロールバーで、豆をすり潰していきます。

ロールグラインダーはスピーディで、粉の大きさが均一なのが特徴です。

コーヒーの酸化を進めてしまう摩擦による熱も比較的少なく、工業用や業務用に向いています。

ブレードグラインダー(プロペラ式)

飛行機のプロペラのような歯を回転させ、豆を粉砕します。

粉の大きさを設定する機能はなく、挽いている時間の長さで調節。

コンパクトでリーズナブルなので、家庭用の電動ミルとして使われることが多いです。

しかしながら

・豆の大きさを調節しづらい
・均一性に欠ける
・微粉が多い

などの欠点が気になるところ。

使用する際には軽く振る、淹れる前に茶こしでふるって微粉を取り除くなどの工夫が必要に。

コニカルカッター(臼歯式円錐状)

粉の大きさをネジで粗挽きから細挽きまで、無段階に調節が可能。

それゆえ、エスプレッソ用のミルとして使われることも多いタイプです。

摩擦熱が発生しやすく、微粉が少ないのが特徴です。

フラットカッター(臼歯式平面状)

向かい合っている固定された歯と回転する歯の間に豆を挟み、切るように豆を砕いていきます。

フラットカッターは業務用と家庭用のどちらにも広く使われているため、各コーヒー器具メーカーにより、さまざまなミルが製造されています。

コーヒーミルの大きさ

手動ミルだと高さ20センチ前後のものが多く、かなりコンパクト。

軽くて扱いやすく、キッチンのどこにでも収納できる使いやすいサイズです。

電動の筒型タイプは、小さめの水筒くらいの大きさが主流です。

卓上タイプまたは据え置きタイプは、家庭用なら手動ミルよりも大きめです。

なので、あらかじめ置き場所を検討しておくことをおすすめします。

コーヒーミルの相場

コーヒーミルの価格は、手動で2,000円~30,000円、電動なら2,000円~60,000円くらいが相場です。

電動の方が若干高くなる傾向があります。

リーズナブルさを優先するか、性能を重視するかが選ぶポイントに。

まずは価格の低いものを購入してみてから、高性能のものを検討してはいかがでしょうか。

コーヒーミルの使い方


コーヒーは挽きめ(粉の大きさ)で味が変わる飲み物です。

ですから、コーヒーミルをお使いになる前にはまずは挽きめを決めるようにしましょう。

ざっくりいいますと粒が細かいと苦味が強く、粗いとすっきりした風味になります。

もし、どの挽きめにしたらいいかわからない場合は、ご家庭で使っているコーヒーを淹れる器具によって挽きめを調節するのがポイント。

器具ごとにおすすめの挽きめをまとめました。参考にしてみてください。

・極細挽き:エスプレッソマシーン
・細挽き:ペーパードリップ、ウォータードリップ、エアロプレス
・中挽き:ペーパードリップ、ネルドリップ、サイフォン、フレンチプレス
・粗挽き:ネルドリップ、フレンチプレス

つぎは挽きめの調節です。

手動式コーヒーミルの調節

手動のハンドルタイプのものはハンドルが固定されているネジの部分で調節します。

このネジでの調節は、慣れるまではすこし難しいかもしれません。

コツは、少し大きいかなと感じるくらいで調節すること。

好みの味に調節できるまで、何度かトライしてみてくださいね。

また手動ミルで粉を均一にするコツは、ハンドルを回すスピードを一定に保つことです。

電動式コーヒーミルの調節

筒型のプロペラ式は、時間で挽きめを調節します。挽きめを均一にするコツは、豆を挽いている間は軽く振ること。

据え置き型には、挽きめを調節するダイヤルがあります。製品によって挽きめは若干違いますので、まずは説明書を見てください。

粗挽きは「メモリ1」などの記載があると思います。使っている器具と、照らし合わせて調節していきましょう。

挽きめの調節がすんだら、いよいよ豆を投入してスイッチを押して電源を入れるだけ。コーヒーを淹れる分だけ豆を挽くのが、おいしいコーヒーを飲むための絶対条件です。

コーヒーミルのお手入れ方法

コーヒーミルにはお手入れが不可欠です。お手入れが不足するとコーヒーの粉が酸化して、風味が損なわれてしまった…なんてことにもなりかねません。そうならないよう、無理のない範囲でお手入れを心がけていきましょう。

使い終わったミルは、ミル用のブラシで残った粉をキレイに取り除きます。油が付着している箇所は、テッシュか乾いた布で拭き取ります。

またきちんとお手入れをしていても、ミルの中には細かな粉が残ってしまうもの。使う頻度にもよりますが、月に一度くらいでフルメンテナンスをするのがベスト。

できる範囲でパーツを取り外して、ブラシや乾いた布でお掃除しましょう。ミルは基本的には水洗いをしませんが、プラスチックやセラミックでできているパーツなら大丈夫です。

コーヒーミルの購入場所

コーヒーミルは、けっこういろんな場所で販売されています。

たとえば
1.喫茶店・コーヒー用具店
2.インターネット通販

はもちろんのこと、こんなところでも。

3.家電量販店
4.雑貨屋さん
5.百貨店
6.ショッピングモール

見かけたら、ぜひ手にとってみてくださいね。

まとめ

おいしいコーヒーを自宅で楽しみたい!

そんな願いを叶えるコーヒーミルについて、できるだけ詳しく解説しました。

この記事を最後まで読んでくださったあなたなら、もう迷うことなくコーヒーミルを選べることと思います。

おいしいコーヒーとともに、くつろぎに満ちたやさしい時間を過ごしてくださいね。