お中元の正しい贈り方と、失礼のないお返しのマナー

夏の時期にいつもお世話になっている方たちに贈る「お中元」。毎年何を贈ろうか迷ってしまうという方も多いですが、やはり誰かから贈り物をもらうと嬉しい気持ちになります。

しかし「お中元は絶対お返ししないといけないの?」「お返しは何を贈ったらいいんだろう…」と悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。また、お中元を贈る意味を知らずになんとなくお返しをしている方も多いです。

今回は、お中元の起源や贈り方をはじめ、お礼状やお返しのマナーなどビジネスでも役に立つ情報も一緒にご紹介します。


お中元とは?

お中元は「夏のご挨拶」とも言われています。一般的には日頃お世話になっている親戚の方やお仕事関係の方などへの感謝の気持ちや、これからもよろしくお願いしますという気持ちを込めて夏の時期に贈り物を贈る風習です。

お中元の起源

お中元の起源は、中国の行事「中元」が起源だと言われています。「中元」の日(旧暦7月15日)は、贖罪(罪滅ぼし)の神様である地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)の誕生日でした。そのため、当時の中国の人々は今まで犯した罪を償うために、「中元」の日には一日中火を炊いてお祝いをしていました。

中国から日本に仏教が伝わると「中元」の文化も一緒に伝わり、当時すでに日本で定着していたお盆の風習である「盆礼」と結びつきました。その結果、日本でもお盆の時期にお中元と呼ばれる贈り物のやりとりが行われるようになりました。

お歳暮とお中元の違い

お歳暮とお中元は、贈る時期が違います。

一般的には

お中元
東日本の場合→7月上旬~15日まで
西日本の場合→7月中旬~8月15日まで

お歳暮
東日本の場合→11月下旬~12月20日前後
西日本の場合→12月13日~20日前後

に贈ります。

また、お歳暮とお中元では定番の贈り物も変わります。

お中元は夏の暑い時期に贈り物を贈るため、夏を感じさせる物が人気です。一方冬の寒い時期に行われるお歳暮の定番はカニやフグなどの海産物やハムなどです。

お中元の贈り方

ここではお中元の予算や人気商品、宛名の書き方などについてご紹介します。

価格相場・予算

予算は3000円~5000円くらいが一般的だと言われていますが、贈る相手によって相場は変化することがあります。

家族や実家、義実家、親戚、兄弟など…4000円~5000円

職場の方や取引先の方など…4000円~10000円
(目上の方に高すぎるものを贈ることはマナー違反とされていますので注意しましょう)

友人やご近所さん、先生など…3000円程度

お中元の定番商品

先程もお伝えしましたが、お中元は夏の暑い時期の風習なので、夏を感じさせる品物や夏の暑さと相性が合う品物が人気です。ビールや清涼飲料水といった夏の暑いときにピッタリの飲み物や、夏らしさを感じさせてくれるそうめんメロンやスイカなどが定番となっています。

また、最近は先様が自由に品物を選ぶことのできるカタログギフトも人気です。

宛名の書き方

訪問して直接渡すべきか、贈り物を購入したお店で配送してもらうか…どのように贈ろうか迷う方も多いですが「宛名の書き方がよくわからない」という方は結構多いです。

ここでは贈る方別の宛て名の書き方をご紹介します。

親戚や義実家の場合
・基本的に世帯主の名前で送る
・連名にする場合はそれぞれのお名前に「様」をつける

会社やビジネス関係の方、先生の場合
・名前のほかに肩書や部署名、担当者名を記載する(先生の場合には病院名や学校名を明記する)
・ビジネス関係の方に送る場合には「様」をつけ、先生に送る場合には「先生」をつける
・会社や部署宛の場合は「御中」を使う

友人や知人などに個人的に贈る場合
・贈る方の名前で送る
・友人や知人の配偶者と面識がある場合には、連名で書いてもよい

名前はもちろん、会社名や役職、部署名を書き間違えることは失礼にあたるため絶対に間違えないように何度も確認しましょう。

内のし、外のしの違い

一般的には

内のし:贈り物に直接のし紙をつけ、その上から包装紙で包むこと
外のし:包装紙で包まれた贈り物の上からのし紙をつけること

と言われています。

内のしと外のしの使い分けは厳密には決まっていませんが、シーンによってどちらが適切かが変わります。

内のしが適切な場合:快気祝いや新築祝いなどの内祝いや、お中元やお歳暮を控えめに贈りたいとき、宅急便で送るとき(配送中にのし紙が破れたりしないようにするため)

外のしが適切な場合:結婚や出産祝いなど

挨拶状の書き方

挨拶状は、手紙やはがきで送ることが一般的です。

手紙:会社の上司や取引先の方といった目上の方に向けた、最も丁寧な贈り方です。

はがき:誰に対して送っても失礼にあたらない、基本的な挨拶状の送り方です。

また、挨拶状には以下の内容を記載します。

  1. 季節の挨拶(相手の健康や安否を尋ねる)
  2. 日頃の感謝の気持ちを述べる
  3. 贈り物に関して述べる
  4. 今後について述べる

ビジネス関係の方に挨拶状を送る際は正式な書き方で失礼のないよう挨拶状を送るべきですが、家族や友人など親しい方に送る場合には、あまり形式にこだわらず素直な気持ちを書くなど比較的自由に書いても大丈夫です。

お中元のお返しのマナー

「お返しをするのを忘れてしまった!」と焦ったことがある方もいらっしゃいますよね。少し遅れてしまったとしても、今後お付き合いをしていくためにきちんとお返しをするようにしましょう。

いつお返しをすればよいか

お中元はお祝いとは違い、日頃の感謝の気持ちを込めた贈り物であるため、原則お返しは必要ありません。しかし、お中元を贈ってくださった相手への心遣いや無事に品物が届いたということをお伝えするために、お礼状は必ず書きましょう。

お礼状は基本的にお中元が届いてから1~2日以内に出しましょう。
この際、焦って電話やメールでお礼をしてしまいがちですが、ビジネス関係の方や目上の方など親しい間柄ではない方に対してこのような方法でお礼をすることは失礼にあたるので、必ずお礼状を書くようにしましょう。

お返しとして品物を送る場合には、最低でも1ヶ月以内には送るようにしましょう。また、お返しをする時期がお中元の時期を大幅に過ぎている場合には「残暑お見舞い」といったかたちでお返しをするといいでしょう。

お返しの品物を探していてお礼状が遅れて届いてしまうことは、あまり適切ではありません。お返しを送る際には、送り状が贈り物よりも先に届くようにしましょう。

お返しする商品の選び方

お返しの予算は、頂いた品物と同じくらいの物か「半返し」と呼ばれる頂いた品物の半額くらいの品物をお返しすることが多いです。例えば、5000円程度の品物をもらった場合には3000円以内の品物をお返しとして送るといいでしょう。頂いた品物よりも高い物を送ることは「次からお中元はいりません」という意味になってしまい、失礼にあたることもあるので注意しましょう。

ちなみにお返しの品物として、お菓子の詰め合わせやタオルのギフトセットなどが人気を集めています。

まとめ

今までお中元のマナーを正しく理解できておらず、なんとなくお中元を贈っていたという方も多いのではないでしょうか。

日頃の感謝の気持ちを込めて贈るお中元。お礼状やマナーなどをしっかりとおさえて、送り先の方との良好な関係を築くきっかけとしていただけると幸いです。