お年賀の贈り方とマナー

お世話になった方への贈り物として、真っ先に思い浮かぶのは「お中元」や「お歳暮」ではないでしょうか?

お正月の挨拶まわりに持参する手土産、「お年賀」にも同じような意味があるのはあまり知られていません。

季節の行事に合わせて贈り物をする美しい習慣が、日本では今もなお受け継がれています。

そこには、日本人らしい相手を思いやる気持ちに溢れたマナーが存在しているのです。

取引先に日ごろの感謝の気持ちを伝えるための、お年賀のマナーや贈り方、価格相場についてお伝えしたいと思います。


お年賀とは?

お年賀の起源

お正月はもともと新しい年の神様「年神様」を自宅にお迎えして、その年の豊作をお祈りする重要な行事でした。

年神様とはその年の五穀豊穣(ごこくほうじょう)と、家族の健やかな暮らしを約束してくれる神様のこと。

ちなみに「明けましておめでとうございます」という挨拶は、新春を祝福する新たな息吹を意味する「芽出たい」に加えて、年神様に捧げる感謝の言葉でもあったのだったとか。

大切な年神様をお迎えするため家の中を隅々まで掃き清め、神棚にお供え物をして支度を整えてお待ちしていたのです。

そしてお正月に他所のお宅に挨拶に訪れる際に、年神様へのお供え物を携えていったのが、お年賀の起源といわれています。

このお供え物が時を経て、お正月にお世話になった方のお宅を訪問するときの手土産、お年賀へと形を変え今日まで受け継がれてきました。

日頃お世話になっている実家の両親や親戚、上司、仲人のお宅に年始のご挨拶に伺う際には、お年賀を持参するようにしましょう。

お年賀を渡す時期は?

知人や親戚に渡す場合

通常、お年賀は元旦から3日までの三が日の間に先方のご自宅を訪問して直接お渡しするのがマナーです。

ご家族でゆっくりと過ごされている元旦や午前中は避けて、事前にアポイントを取っておくようにします。

三が日の間に訪問が叶わなくても、松の内までにお渡しできれば問題はありません。

ただし松の内は地方によって違いがあり、関東では7日、関西では15日までとされています。先方のお住いの地域に合わせて判断しましょう。

どうしてもお互いの都合が合わず松の内を過ぎてしまったら、「寒中見舞い」として贈ります。

また止むを得ず宅配にする場合は、購入したお店からの発送では失礼にあたります。

必ず自宅から発送するよう注意してください。

贈り物はタイミングを外すと、贈る側の感謝の気持ちが伝わりにくくなります。

忙しくても松の内までに全ての手配を終わらせて、余裕を持ってお正月を過ごしたいものですね。

訪問するときのマナー

個人のお宅へは、たとえ早めに到着していても約束の時間ぴったりか、2、3分遅れて訪問するようにしましょう。

ビジネスなら約束した時間より早めがルールですが、プライベートで個人のお宅を訪ねるとなると話は別です。

訪問客が予定より早めに到着して、焦った経験は誰しもあると思います。先方を慌てさせないように配慮するのも、大人のマナーといえます。

年始回りは挨拶をすませて、短時間でお暇するのが基本です。長居しすぎないよう気をつけましょう。

お歳暮とお年賀の違い

お歳暮の時期は、11月末頃から12月20日頃までとされています。そして毎年続けて贈るのがマナーです。

かつては新しい年を迎えるのに必要な米や野菜、魚を本家や親元に届ける習わしでした。今でも新巻き鮭やかずのこをお歳暮の品とするのはその名残です。

お年賀とは違いお祝いではないので、どちらが喪中の期間でも贈ることに支障はありません。

またお歳暮を贈った相手には、お年賀は不要です。

お年賀は手渡しが基本ですが、お歳暮は配送が主流になっています。

お年賀の贈り方

お年賀の価格相場・予算

お年賀の一般的な相場は1,000円~5,000円です。

贈る相手や日頃のおつきあいの親密さによって、予算を検討します。

・友人や知人は2,000円~3,000円

・ご近所は1,000円~2,000円

・親や親類は2,000円~3,000円

・勤務先の上司・取引先関係は3,000円~5,000円

・仲人は3,000円~5,000円

以上が、贈る相手別のお年賀の価格相場です。

高価すぎるものは、必要以上に先方に気を使わせてしまいます。

そうなっては本末転倒ですので、身分相応なものを選ぶようにしましょう。

もしもお歳暮を贈れなかった場合は、お歳暮と同程度の金額のもの贈っても良いとされています。

注意したいのが、お年賀を購入する場所です。

当日に先方のご近所で購入すると、いかにも手近で済ませたような印象を与えてしまいます。なるべく前日までには、手配をすませておきましょう。

お年賀の定番商品は?

日頃の感謝の気持ち込めて贈るお年賀。

どんなものを選べば、喜んでいただけるのか実に悩ましいところです。

贈り物の大前提はやはり「もらって嬉しいもの」のはず。

会社の上司や取引先なら、日頃のなにげない会話の中で食べ物の好き嫌いなどが話題にのぼることもあるかと思います。

家族構成や好みを把握していれば、それらをヒントにして選ぶと喜んでいただけるのではないでしょうか。

お子さまがいらっしゃるご家庭なら、子どもに人気のあるお菓子もいいですね。

食べ物なら日持ちのしないものは避けて、賞味期限がなるべく長いもののほうが喜ばれます。

お年賀の定番商品には

  • コーヒー
  • 紅茶
  • お菓子
  • 日本酒
  • ワイン
  • 缶詰

などがあります。

また消耗品では

  • 干支の模様のタオルや置物
  • 洗剤
  • 食用油

の実用品も喜ばれるようですよ。

お相手の好きなものや健康を気遣うものなど、先方の気持ちに寄り添った品物を選びたいものですね。

のしについて

お正月は結婚などとは違い、何度も繰り返してお祝いできる行事です。

ですからお年賀で使用するのしは、ほどけてもよい紅白蝶結びとされています。

表書きの書き方

のしの表書きは「お年賀」または「お年始」、「賀正」とします。

結び目の上に「お年賀」、下に自分の名前を記入します。

直接お渡しするものなので、包装紙の上にかける外のしがマナーとなります。

短冊ってなに?

短冊とはのしを簡略した細長く切った紙です。

のしを掛けるのがむずかしい、あるいは控えめにして贈る相手に負担をかけたくない場合に用います。

表書きはのしと同じく「お年賀」もしくは「年始」、「賀正」とします。下部に自分の名前を記入し、品物の右上に貼ります。

喪中の場合はどうすればいいの?

お年賀はお祝いごとですから喪中の期間にあたると、どう対応すればいいか悩むところです。

先方が喪中の場合は松の内が過ぎてから「寒中見舞い」として、お宅を訪問します。

また、事前に松の内以降の挨拶になってしまうことを伝えておくとよいでしょう。

自分が喪中に当たる場合は、四十九日を過ぎてから同じく「寒中見舞い」として訪問します。

とはいえこのような場合は、年始のご挨拶に伺えなくてもマナー違反とはなりません。

連絡してきちんと事情を説明すれば、失礼には当たりませんので安心してください。

お年賀のお返しのマナー

いつお返しをすればいいか?

お年賀にはお返しをするしきたりはありません。ですからお返しをしなくてもマナー違反にではありません。

玄関先でお年賀をいただいた場合は、その場で丁寧にお礼を述べるだけで十分です。

あるいは自宅へ上がっていただき、おせち料理やお屠蘇をふるまうことがお返しにもなります。

そうはいっても、いただくばかりでは申し訳ないし今後のおつきあいのためにもお礼を形にしたいと、考える方もいらっしゃるかと思います。

そのようなときは訪問のお礼として、あらかじめお礼の品を用意しておきましょう。

お客さまがお帰りの際に、お礼の言葉とともにお返しの品をお渡しします。

お返しする商品の選び方は?

お返しの品を用意するなら、3分の1~半分程度の予算のものを用意しましょう。

お年賀の相場が、1,000円~5,000円と幅が広いので悩むかもしれませんが、訪問客との関係を考慮して予算を決めるとよいかと思います。

返礼品には一般的に好まれるお菓子やタオル、日用品のプチギフトなどがおすすめです。

のしはお年賀と同じ紅白蝶結び、表書きは「松の葉」か「御礼」とします。

まとめ

お正月に親戚や友人、知人が集まってお祝いすることが多い一月。一緒におせち料理を食べ、楽しく談笑する仲睦じい様子から「睦月」とも呼ばれています。

お世話になった方へお年賀を持参して、挨拶に伺うのも睦まじさと無縁ではありません。

お年賀のマナーや贈り方を理解して、周囲の方々とより一層親交を深めることに役立てていただけたら幸いです。